復縁したい相手にストーカー扱いされてしまうNG行為

ついうっかり気持ちが暴走して、復縁したい相手にストーカー扱いされてしまった…

実は、こういった失敗は珍しくありません。いったん相手に迷惑がられてしまうと、リカバリーは非常に難しくなると言わざるを得ないでしょう。

相手を怖がらせてしまうNG行為について今一度確認し、復縁に向けて気を引き締めましょう。

 

NG行為1:偶然を装って相手と接触する

復縁のNG行為1

やってしまいがちなのが「復縁したい相手の生活行動圏に待機して、偶然を装い言葉を交わす」という行動です。

結論から言うと、どんなに周到に工作したとしても、意図的に待ち伏せしていたことは相手にバレてしまいます。そもそも人間には「偶然を必然と思いたがる傾向」があり、たとえ根拠がなくても”つきまとい行為”と解釈したがるのです。

無理に相手の様子を探ろうとせず、自然に過ごすよう心掛けましょう。

 

NG行為2:ブロックされていると誤解して何度もLINEを送る

復縁のNG行為3

意外に多いのが「既読がつかない=ブロックされている」と決めつけ、やけになって何度もLINEを送ってしまう行動です。

そもそも、ブロックされていることを確認する手段はありません。アプリ操作に詳しい人であれば、既読をつけずにメッセージ内容を見ることができます。

相手が見ていないものと思って告白した内容は、実はすべて見られていて、嫌な気分にさせてしまっているかもしれません。メッセージアプリの扱い方には十分注意しましょう。

 

NG行為3:別れたことを周りに相談しすぎる

復縁が実現するまでの時間は長く苦しいものですが、あまり周囲の人を頼りすぎるのも考えものです。

昔から「人の口に戸は立てられぬ」と言うように、相談した人を通じて、復縁したい相手へと漏れ伝わっている可能性は非常に高いと言わざるを得ません。そして、伝聞はしばしば嫌な側面を強調しがちです。最悪のケースでは「わざわざ復縁のために周囲にアピールするようなことをしているのではないか」と疑われてしまいます。

不安を打ち明けることは、相手を選ぶことも大切です。秘密をしっかり守ってくれる相手を選びましょう。

 

NG行為4:復縁を迫る

復縁にはタイミングがあります。復縁したいことを率直に相手に伝えたり、周囲の人を仲立ちにして実現させようとするのは禁物です。

場合によっては、警察や家族に相談されたり、黙って住居や連絡先を変えられたりするかもしれません。復縁を告げるのはあくまでも十分に再接近できたタイミングだと考え、じっと我慢しましょう。

 

ストーカー扱いされた後でも復縁できる?

いったん相手を迷惑がらせてしまうと、自力で復縁することは困難です。遅かれ早かれ音信を完全に断たれ、接触するチャンスが失われてしまうからです。

しかし、プロに頼んだ場合は別です。

 

復縁屋に依頼するメリット

復縁屋に依頼すれば、ストーカー扱いされた後でも縁を結びなおせます。

復縁屋には心理分析のプロやベテラン調査員が多数在籍し、別れの原因が複雑だったケース・完全に音信が途絶えて決裂してしまっていうケースでも復縁成功に導いています。復縁工作の期間中に十分な距離をとり、お互いに冷静になる余裕を持つことは、復縁成功後末永い幸せを維持するために欠かせません。

いったん相手を怖がらせた後に周囲の人の助けを得ようとしても、諦めるよう説得され、求める結果が得られない事が大半です。

調査結果に基づいて合理的にプラン設計し、第三者役の工作員が自然な接触で心理のスキマに入り込めば、復縁は決して難しくありません。

「どうしても取り戻したい人がいる」時は、是非ご相談ください。

 

No tags for this post.

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected with IP Blacklist CloudIP Blacklist Cloud